Skip to content

중앙영광교회

家族属会教材18-9-2

하준맘, 2018-09-08 08:37:03

閲覧数
50
推奨数
0

家族属会教材18‐9‐2          ‘御言葉と共に歩む家庭’             2018‐9‐9



*家族属会指針:家族属会は肉の家族や霊の家族が集まって御言葉の前で交わり合う時間です。

一人()が一方的に教えることではなく、質問と話し合いを通して互いの考えを分かち合い、自ら悟っていくことです。そのためには家族(子供)たちが受動的、消極的であってはなりません。子供たちを主人公のように積極的に参加させるべきです。そうすれば、自然と家族(子供)たちが属会の時間を楽しみにして待ちます。そして、御言葉をもって指摘せず、互いのことを支え合う属会にならなければなりません。認め、尊重、賞賛、激励、愛に満たされ雰囲気がとても重要です。

そして何よりも聖霊に導かれ、聖霊が働かれるように常に目を覚まして祈らなければなりません。

1.挨拶を交わす:愛します。感謝します。祝福します(ハグしながら)

2.質問:一人ずつ親から譲り受けたことや譲り受けたいことがあるなら分かち合ってみましょう。

3.聖書精読: 家族が聖書を順番に読んでリーダーが簡単に説明し、御言葉について疑問があるなら互いに聞きながら理解する。(聖書//エレミヤ書15:1-4、申命記6:4-7)

4.御言葉の分かち合い

信仰を受け継がせなさい。

ユダヤ人は全世界の人口の0.2%に過ぎません。ところが、ユダヤ人たちは世界のあらゆる分野で20%以上を占めています。ユダヤ人は韓国人よりIQが高くないそうです。なのにユダヤ人はどのようにして世界を支配する民族になったのでしょうか。その理由は子供の教育法にあるとよく知られています。ユダヤ人の教育法をよく‘シェーマ教育’と言います。彼らは申命記6章の御言葉に従って‘親が子供に御言葉を教える教育’を今も実践しています。シェーマ教育はユダヤ人の教育ではなく、神様が聖書で命令された信仰教育であります。私たちの教会も神様の御言葉に従って、子供に御言葉を教え、次世代が神様に喜ばれる祝福された教会になることを願います。

(分かち合いの内容)

質問1. アブラハムは信仰の先祖です。神様はなぜアブラハムをお選びになったのでしょうか。(創世記18:19)創世記18:19節を旧約の至上命令と言います。そして、神様は新・旧約聖書を通して子供に繰り返し御言葉を教えるようにと命令されました。(申命記6:7、エフェソの信徒への手紙6:4) 今、この御言葉が皆さんの家庭でどれほど守られていますか。皆さん(親として、子供として)はこの御言葉にどのように従いたいと思いますか。家族が共に過ごす時間はどれくらいでしょうか。

質問2.神様に選ばれてカナン地方を得たユダは結局滅びいてバビロンの奴隷になってしまいました。祈りの勇士であるモーセとサムエルが執り成しても無駄であると神様はおっしゃいました。(エレミヤ書15:1)なぜ神様はユダを滅ぼされるとおっしゃいましたか。(エレミヤ書15:4、列王記下24:3)ヒゼキヤ王は幼い子供に王位は継がせましたが、信仰を受け継がせることは失敗しました。皆さんの家庭は安全でしょうか。二つの継承(肉の継承、霊の継承)について親から譲り受けたことがあれば分かち合ってみましょう。

質問3. エステル記はどんな聖書でしょうか。(主人公は?) エステルはバビロンの奴隷になった家庭で生まれました。ところが、悲しいことに彼女の両親は早く亡くなりました。そのために従兄であったモルデカイは彼女を自分の娘のように育てました。彼女はペルシアの王妃になりましたが、モルデカイを実の親のように敬い、彼の言葉に死ぬ覚悟で従いました。(エステル記4:16)そのお陰でユダヤ人たちはプーリームの救いを受けるようになります。今、皆さん(親、子供)に最も必要なものは何でしょうか。(エフェソの信徒への手紙6:1-4)親によって傷つけられたことがあれば、話してみましょう。

5.主日の礼拝と家族属会を通して受けた恵みを一人ずつ分かち合う。

6.互いの長所を言う(賞賛)

 互いの願いを言う(I Message:

肉の家族だけ話し合う:親が子供に、子供が親に自分の悩みや願いなどを‘私は○○○がこのようにしてほしい’という形式で話す)

7.スローガン斉唱(3)

世の中の知識より御言葉を伝え受けよう!



*親の宿題(肉の家族だけ実践)

-子供に常にI Messageで話す

-子供を指摘せず、支える

-子供のために毎日10分以上祈る

-お出かけする(学校など)子供にハグしながら愛してると言う





御言葉をもって親が子供を教える教会’




0 コメント

Board Menu

リスト

Page 27 / 28
番号 タイトル 投稿者 日付 閲覧数
お知らせ

가족속회 보고서

Admin 2020-02-24 51
お知らせ

속회보고서 属会報告書

  • file
운영팀 2009-06-24 495
24

속회 교재 9-10-1

이용규목사 2009-10-06 31
23

属会教材9-9-4

최홍근` 2009-09-29 39
22

속회 교재 9-9-4

이용규목사 2009-09-29 38
21

属会教材9-9-2

최홍근` 2009-09-28 30
20

属会教材9-9-1

최홍근` 2009-09-26 29
19

属会教材 9-8-4

2
최홍근` 2009-09-26 49
18

속회 교재 9-9-3

이용규목사 2009-09-22 59
17

속회 교재 9-9-2

이용규목사 2009-09-15 68
16

속회 교재 9-9-1

이용규목사 2009-09-08 55
15

속회 교재 9-8-4

1
이용규목사 2009-09-01 91
14

属会教材9‐7‐1

최홍근` 2009-07-18 75
13

属会教会9-6-4

최홍근` 2009-07-11 61
12

속회 교재 9-7-1

이용규목사 2009-07-06 104
11

属会教材9-6-3

최홍근` 2009-07-01 71
10

속회 교재 9-6-4

이용규목사 2009-06-29 468
9

속회 교재 9-6-3

이용규목사 2009-06-26 482
8

属会教材9-6-2

최홍근` 2009-06-25 433
7

属会教材9-6-1

최홍근` 2009-06-16 103
6

속회 교재 9-6-2

이용규목사 2009-06-16 118
5

属会教材9-5-5

최홍근` 2009-06-10 66


   

sketchbook5, 스케치북5

sketchbook5, 스케치북5

나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 취소