Skip to content

중앙영광교회

伝道のビジョン

「伝道は教会の本質です」
伝道とは何でしようか?伝道によってどんなことが起きるのでしょうか。なぜ、伝道をしなければならないのでしょうか。

1) 伝道によって教会のリバイバルが起こるからです。
イエス・キリストの体である教会は成長しなければなりません。伝道とは、教会に訪れない多くの人を教会に導き、信仰を持つようにさせることです。すなわち、信仰を持たない人をイエス・キリストに導き、信仰を持たせるようにすることです。伝道によって教会は成長していきます。教会の規模は重要ではありません。成長していくか、それとも退化いくかの問題です。イエス様は、教会が成長していくことを望んでおられます。

2) 伝道は単に人を教会に所属させることではありません。
伝道とは人を変えることです。この世に属されていた人を神様の人に変え、この世に頼っていた人をイエス様に頼る人に変えることです。こうして変えられた人は、この世の欲望を追いかけることではなく、神様の中で新しい人生を生きることができるようになります。つまり、伝道の結果は、教会のリバイバルだけではなく、人の人生の中で神様の姿が回復され、イエス・キリストの徳が表れることです。

3) 伝道は1人の変化で終わることではありません。
神様が人を選び、呼ぶ時、1人の救いで終わることはありません。1人を通して家が変わります。神様はアブラハムをお呼びになり、イサク・ヤコブ・ヨセフに続く家を建ててくだされました。ある人が救いを得られれば、家が変わり、国が変わるのです。

4) 伝道の理由は明白です。
私たちはイエス・キリストを見習わなければなりません。イエス様がこの世に降りて来られた理由は聖書に書かれています。これは「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」というルカによる福音書19章10節の御言葉です。イエス様は伝道のために、この世に降りて来られたということです。
また、イエス様は伝道という目的を持って弟子たちをお呼びになりました。最初に弟子を呼んだとき、イエス様は「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」(マタイによる福音書4章19節)と言われました。さらにイエス様は「だから、あなたがたは、行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい」(マタイによる福音書28章19節)と言われました。ここで言う、弟子とはキリストを見習う真の聖徒のことです。

つまり、伝道は私たちに与えられたイエス様の御命令なのです。
 

1.伝道とは何でしようか。

伝道とは何でしようか?伝道によってどんなことが起きるのでしょうか。なぜ、伝道をしなければならないのでしょうか。

1) 伝道によって教会のリバイバルが起こるからです。
イエス・キリストの体である教会は成長しなければなりません。伝道とは、教会に訪れない多くの人を教会に導き、信仰を持つようにさせることです。すなわち、信仰を持たない人をイエス・キリストに導き、信仰を持たせるようにすることです。伝道によって教会は成長していきます。教会の規模は重要ではありません。成長していくか、それとも退化いくかの問題です。イエス様は、教会が成長していくことを望んでおられます。

2) 伝道は単に人を教会に所属させることではありません。
伝道とは人を変えることです。この世に属されていた人を神様の人に変え、この世に頼っていた人をイエス様に頼る人に変えることです。こうして変えられた人は、この世の欲望を追いかけることではなく、神様の中で新しい人生を生きることができるようになります。つまり、伝道の結果は、教会のリバイバルだけではなく、人の人生の中で神様の姿が回復され、イエス・キリストの徳が表れることです。

3) 伝道は1人の変化で終わることではありません。
神様が人を選び、呼ぶ時、1人の救いで終わることはありません。1人を通して家が変わります。神様はアブラハムをお呼びになり、イサク・ヤコブ・ヨセフに続く家を建ててくだされました。ある人が救いを得られれば、家が変わり、国が変わるのです。

4) 伝道の理由は明白です。
私たちはイエス・キリストを見習わなければなりません。イエス様がこの世に降りて来られた理由は聖書に書かれています。これは「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」というルカによる福音書19章10節の御言葉です。イエス様は伝道のために、この世に降りて来られたということです。
また、イエス様は伝道という目的を持って弟子たちをお呼びになりました。最初に弟子を呼んだとき、イエス様は「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」(マタイによる福音書4章19節)と言われました。さらにイエス様は「だから、あなたがたは、行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい」(マタイによる福音書28章19節)と言われました。ここで言う、弟子とはキリストを見習う真の聖徒のことです。

つまり、伝道は私たちに与えられたイエス様の御命令なのです。 
 

2.伝道は誰によって行われますか。

1) 伝道は神様によって行われます。
なぜなら、実を結ばせる御方は神様であるからです。もちろん、私たちは福音を述べ伝えますが、実を結ばせる御方、働きをなされる御方は神様なのです。

2) 神様は伝道を私たちに任されました。
私たちは、神様から伝道する働き人として呼ばれたのですから、これに従うべきです。働き人にとってたった1つの道は忠誠です。忠誠を尽くす者は神様の報いを受けることになり、忠誠を尽くす教会ではリバイバルが起こります。それゆえに、私たちは、日本への伝道、世界への伝道という使命を果たさなければならないのです。

3) 伝道には失敗が存在しません。
普通は、成果が見えない伝道を失敗だと考えます。しかし、これは大きな間違いです。作物の栽培を考えてみましょう。最初は種を蒔きます。田畑で種を蒔いた後、家に帰った農夫を失敗した者とは言いません。収穫のまでは種を蒔くこと、耕すこと、草取り、肥やしを蒔くことなど様々な作業が必要だからです。こうした作業を経て最後に収穫に辿り着きます。

伝道も同様です。すぐは結果は出ませんが、様々な働きはいつか実を結ぶことになるのです。 
 

3.伝道はどのように行えばよいでしょうか。

1) 最初は見方を変えることが必要です。
要するに関心を変えることです。人々は自分の関心事によって目に見えるのがそれぞれ違います。そこで、人々の救いについて関心を持つようにすれば、すべての人々が伝道の対象に見えてきます。まだ、自分の本心から、伝道したい人を思い出せないならば、これは人の救い・イエス様の御心について関心を持ってないことになります。今、あなたの目には何が見えますか。これがまさにあなたの関心事です。私たちに、神様に目が開かれ、関心事が変わるように祈りましよう。

2) 私たちは伝道に頑張ることが必要です。
伝道にとって大事なのは知識ではなく、負けない頑張る心です。農夫の収穫は知識の結果ではなく、汗水をかきながら働いた結果です。伝道も同様です。福音を述べ伝えてもほとんどの人々は受け入れません。1人を救いの道に導くことも容易ではありません。そのため、伝道をする時には忍耐・がっかりしない心が必要です。これは一見、賢くないように見えますが、いつか実を結ぶことになります。

3) 伝道には聖霊様の御力が必要です。
伝道の現場に、私たちだけがいることはありません。聖霊様が共におられます。聖霊様が共におられれば、聖霊様の御力が御働きになります。ですから、私たちは、聖霊様の御力を信じて福音を述べ伝えるべきです。とりわけ、伝道は霊的戦争なので、聖霊様の御力はとても重要です。  聖霊様の御力を信じ、勇気を出して大胆に福音を述べ伝える時、聖霊様の御働きになります。 4) 伝道には願いが必要です。
伝道を行い、実を結ぶようになるためには願いがとても必要です。イエス様、パウロのように御国への願いを持つことが必要です。こうした願いを持つことによって伝道が広がっていきます。
多くの人々は、恐れ、疑いのせいで伝道を行いません。自分自身は伝道ができないと思ってしまいます。そのため、行うことさえしません。使徒たちは神様の御力を持っていれば、何でもできると信じていました。自分たちはできないけど、聖霊様ならお出来になると信じたのです。これは固い信仰でした。こうした固い信仰が彼らを働くようにして、その時に聖霊様の御力が働きました。私たちも同様です。何よりも大事なのは固い信仰ではないでしようか。

   

sketchbook5, 스케치북5

sketchbook5, 스케치북5

나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 취소