Skip to content

중앙영광교회

家族属会教材19-5-1 

이은미, 2019-05-03 22:45:03

閲覧数
60
推奨数
0

家族属会教材19-5-1      ‘御言葉と共に歩む幸せな家庭’        2019-5-5

 

【今週の暗唱箇所】この子は生涯、主にゆだねられた者です。彼らはそこで主を礼拝した。

(サムエル記上1:28後半)

 

*家族属会指針:

家族属会は肉の家族や霊の家族が集まって御言葉の前で交わり合う時間です。家族属会は一人()が一方的に教えることではなく、質問と話し合いを通して互いの考えを分かち合い、自ら悟っていくための集まりです。そのためには家族(子供)たちが受動的、消極的であってはなりません。主人公のように子供たちを積極的に参加させるべきです。そうすれば、自然と家族(子供)たちが属会の時間を楽しみにして待ちます。そして、御言葉で指摘するのではなく、互いのことを支え合う属会にならなければなりません。認め、尊重、賞賛、激励、愛に満たされた雰囲気がとても重要です。そして、何よりも聖霊に導かれ、聖霊が働かれるように目を覚まして常に祈らなければなりません。

 

1.挨拶を交わす:ごめんなさい。愛します。感謝します。祝福します。(必ずハグしながら)

 

2.オ-プン質問:

今まで両親や子供からもらったプレゼントの中で、最も幸せだったものは何か分かち合ってみましょう。

 

3.聖書精読:

家族全員が聖書を順番に読んでリ-ダ-が簡単に説明し、御言葉について疑問があれば、互いに質問しながら理解する。(聖書//サムエル記上1:24-28)

 

4.御言葉の分かち合い

サムエルのお母さん。

信仰をもって子供を立派に育てた人を聖書の中から言うと、その一人はおそらくハンナではないかと思います。ハンナは恵まれていない環境の中で、サムエルという偉大な信仰の人を育て上げました。乳離れした後から子供と一緒に住むことができませんでしたが、ハンナはサムエルを立派に育てました。自分が直接育てたのではなく、神様にすべてをゆだねた育て方でした。(一ペトロ5:7)サムエルはイスラエルの士師として用いられただけではなく、神様は彼を通してダビデ王をお立てになりました。サムエルはイスラエルの歴史の扉を開いた人物です。サムエルがいたのはまさにハンナのお陰です。サムエルはハンナによって神様を重んずる人に育てられ(サムエル上2:30)神様の御心に適う人、神様の御心のままに事を行う人に育てられました。(サムエル上2:35)ハンナはどんな女でしたか。

 

(分かち合いの内容)

質問1.

ハンナは肉的にどんな状況の中にいましたか。(サムエル上1:6816)そのとき、ハンナはどのように行動しましたか。(サムエル上1:10-13(4)18)今、自分に思い悩みや苦しみがあるなら、祈りの題目を分かち合い、一週間の間、共にハンナの祈りを捧げましょう。

 

質問2.

ハンナは祈りの人でした。(サムエル上1:102:1)人には言えない悩みがありましたが、人とは違う祈りがあったため、子供を特別に育て上げることができました。ハンナはサムエルに祈りを遺産として残しました。(サムエル上3:37:5-6912:23)‘祈るお母さんをもつ子供は決して滅びません。’と言いました。(モニカ‐聖アウグスティヌス)あなたはどんな遺産を残し()、どんな遺産をもらいたい(子供)ですか。

 

質問3.

ハンナが自ら喜んで神様に捧げたものは何でしょうか。(サムエル上1:24282:16-8、マルコ12:30)ハンナはどのようにして三人の息子と二人の娘を授かりましたが。(サムエル上2:19-21、ガラテヤ6:7)祭司エリの二人の息子はどうでしたか。(サムエル上2:1216-17/34)ハンナに見倣いたいことがあれば、分かち合ってみましょう。

 

5.主日の礼拝と家族属会を通して悟ったこと、受けた恵みを一人ずつ分かち合う。

 

6.互いの長所を言う(賞賛)

互いの願いを言う(I Message:

肉の家族だけ話し合う:親が子供に、子供が親に自分の悩みや願いなどを‘私は○○○がこのようにしてほしい’という形式で話す)

 

7.スロ-ガン斉唱(3)

‘祈りこそ最高の遺産!’

 

*親の宿題(肉の家族だけ実践)

-子供に常にI Messageで話す

-子供を指摘せず、支える

-子供のために毎日10分以上祈る

-外出する(学校など)子供にハグしながら愛してると言う

 

‘子供は決して伝道対象者の例外ではない。信仰を明らかに受け継がせる教会’

0 コメント

Board Menu

リスト

Page 27 / 28
番号 タイトル 投稿者 日付 閲覧数
お知らせ

가족속회 보고서

Admin 2020-02-24 51
お知らせ

속회보고서 属会報告書

  • file
운영팀 2009-06-24 495
24

속회 교재 9-10-1

이용규목사 2009-10-06 31
23

属会教材9-9-4

최홍근` 2009-09-29 39
22

속회 교재 9-9-4

이용규목사 2009-09-29 38
21

属会教材9-9-2

최홍근` 2009-09-28 30
20

属会教材9-9-1

최홍근` 2009-09-26 29
19

属会教材 9-8-4

2
최홍근` 2009-09-26 49
18

속회 교재 9-9-3

이용규목사 2009-09-22 59
17

속회 교재 9-9-2

이용규목사 2009-09-15 68
16

속회 교재 9-9-1

이용규목사 2009-09-08 55
15

속회 교재 9-8-4

1
이용규목사 2009-09-01 91
14

属会教材9‐7‐1

최홍근` 2009-07-18 75
13

属会教会9-6-4

최홍근` 2009-07-11 61
12

속회 교재 9-7-1

이용규목사 2009-07-06 104
11

属会教材9-6-3

최홍근` 2009-07-01 71
10

속회 교재 9-6-4

이용규목사 2009-06-29 468
9

속회 교재 9-6-3

이용규목사 2009-06-26 482
8

属会教材9-6-2

최홍근` 2009-06-25 433
7

属会教材9-6-1

최홍근` 2009-06-16 103
6

속회 교재 9-6-2

이용규목사 2009-06-16 118
5

属会教材9-5-5

최홍근` 2009-06-10 66


   

sketchbook5, 스케치북5

sketchbook5, 스케치북5

나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 취소