Skip to content

중앙영광교회

属会教材 16-11-1

つだんでぃ, 2016-11-03 21:44:53

閲覧数
5
推奨数
0

属会教材 16-11-1              ‘主が主人になった教会’                 2016-11-6

 

*重要事項:属会を恵み深くしっかり分かち合うためには、必ず御言葉を実践する生活を送らなければなりません。そのためには、まず主日の礼拝の時に説教を要約することが役に立ちます。そして、毎日意識的に実践する内容を考えることが重要です。これが御言葉に目覚めた生活の基本です。

 

1.歓迎(5分)      :互いに歓迎の挨拶を交わすこと。あなたの顔から光が出ておられます。
2.賛美(5分)      :主題に合う賛美歌や福音歌:日ごとよろこび(191番、旧427番)
3.心を合わせた祈り(5分):属会に聖霊の油が注がれ、御言葉が特別に臨むように、日本の地に伝道の門が広く開かれるように、一緒に心を合わせて祈り、属長が祈りをまとめます。
4.生活の分かち合いと祈り(25分):先週一週間の生活を、一人当たり3分以内で分かち合って下さい。

 

5.御言葉の分かち合い(30分):
福音が福音になるように//ガラテヤの信徒への手紙5:16-24
 ガラテヤの信徒への手紙(訳者:以下「ガラテヤ書」と略します)は、今日(こんにち)の私たちに重要な本です。ローマの信徒への手紙が聖書という指輪の宝石の部分であれば、それを再度圧縮したのがガラテヤ書です。ガラテヤ書は救いと自由、福音と聖霊の人生について詳しく教えてくれています。
 福音とは何でしょうか?私たちがどのようにすれば救いを受けることができるでしょうか?一度救いを受けたら、人生はどのように生きても関係がないのでしょうか?
 福音を受けたら、受けた福音を奪われないようにしなければなりません。それは、福音の人生を生きていくときにのみ可能です。福音が福音になるようにする必要があります。神様はこのことのために、信じる者たちに聖霊を下さいました。今あなたの人生はどうですか?肉体の人生ですか?聖霊の人生ですか?
 イエス様は”あなたがたはその実で彼らを見分ける”と言いました。(マタイ7:20)

 

(分かち合いの内容)
質問1. 福音とは何でしょうか?あなたは何を信じるので教会に出てきますか?各自の福音を自分の言葉で表現してみましょう。(ガラテヤ1:4、ヨハネ3:16、使徒5:42、17:2-3)ほかの福音とは何でしょうか? (ガラテヤ1:6-8)あなたはどうですか?イエス様お一人で十分ですか?それとも他の何がより必要ですか?

 

質問2. 初代教会の人々の中には、イエス様を信じても割礼を受けなければ救われないという人々もいました。これは中世のカトリック時代にも継続されました。(苦行、免罪符...)それでルターは「ただ信仰」によって宗教改革をし、プロテスタントが起こるようになりました。アブラハムも、ハバククも、パウロもただ信仰によって救われると言いました。(ガラテヤ3:6、ハバクク2:4、ガラテヤ2:16)正直に告白してみましょう。あなたは何によって救われましたか?

 

質問3. 神様は福音を通じて信じる者に救いと自由を下さいました。(ガラテヤ2:16,5:1)その自由によってどのような人生を送らなければならないと言いましたか?(ガラテヤ5:6,13)信仰によって聖霊も受けました。聖霊はどのようなことをなさいますか?(ガラテヤ5:16,22,23)肉体の欲に従って生きる人は、どのようになると言いましたか?(ガラテヤ5:21)今、あなたの人生はどのような実を結んでいるでしょうか?(マタイ7:20,21)

 

6.聖書通読の分かち合い(10分):エフェソの信徒への手紙 5章 - テトスへの手紙 3章
    (キリストの御言葉があなたがたの内に豊かにあるようにしなさい)
          先週の御言葉を読みながら、恵みを受けたことと実践したことを分かち合ってみましょう。

 

7.祈り(15分):
御言葉の祈り :主が分からせて下さった御言葉をしっかりとつかみ、一緒に心を合わせて祈りましょう。
とりなしの祈り:日本のために、教会(牧師、聖徒)のために、属会員の祈りの課題を持って祈りましょう。
伝道の祈り  :属会メンバーたちが提出した伝道対象者の名前を呼んで祈りましょう。
属長が最後の祈りをまとめる。

 

8.お知らせ(5分)
                  ’属会が生きてこそ教会が生きる’

0 コメント

Board Menu

リスト

Page 11 / 27
番号 タイトル 投稿者 日付 閲覧数
お知らせ

속회보고서 属会報告書

  • file
운영팀 2009-06-24 463
333

속회 교재 17-2-3

이용규목사 2017-02-13 40
332

属会教材 17-2-2

つだんでぃ 2017-02-11 20
331

속회 교재 17-2-2

이용규목사 2017-02-09 95
330

属会教材 17-2-1

つだんでぃ 2017-02-03 20
329

속회 교재 17-2-1

이용규목사 2017-02-02 83
328

属会教材 16-12-1

つだんでぃ 2016-12-03 21
327

속회 교재 16-12-1

이용규목사 2016-12-01 43
326

属会教材 16-11-4

つだんでぃ 2016-11-25 18
325

속회 교재 16-11-4

이용규목사 2016-11-24 24
324

属会教材 16-11-3

つだんでぃ 2016-11-19 4
323

속회 교재 16-11-3

이용규목사 2016-11-17 27
322

属会教材 16-11-2

つだんでぃ 2016-11-10 10
321

속회 교재 16-11-2

이용규목사 2016-11-10 37
320

属会教材 16-11-1

つだんでぃ 2016-11-03 5
319

속회 교재 16-11-1

이용규목사 2016-11-03 13
318

属会教材 16-10-4

つだんでぃ 2016-10-22 13
317

속회 교재 16-10-4

이용규목사 2016-10-20 41
316

属会教材 16-10-3

つだんでぃ 2016-10-14 5
315

속회 교재 16-10-9

이용규목사 2016-10-13 39
314

属会教材 16-10-2

つだんでぃ 2016-10-06 7

   

sketchbook5, 스케치북5

sketchbook5, 스케치북5

나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 취소